お金を借りるのに必要な属性とは


お金を借りるのに、必要なものはなんでしょうか?いろいろな事情の方がいて、いろいろな状況があるでしょう。それをひっくるめて、敢えて言うなら、やはり社会的にも、個人的にも「信用」と言えるでしょう。では、具体的にどうすれば、その「信用」を得られるのでしょう。


<お金を借りるのに必要な書類>

「信用」が目に見えれば話は簡単ですが、生憎それは無理ですね。では、目に見える身分証明などの書類で判断しようというのが、お金を貸す側の論理です。
お金を借りるためには相手が銀行であろうと、消費者金融であろうと、必ず、あなたの情報を求めてきます。あなたの氏名、生年月日、年齢、家族構成、職業、勤め先、勤め先の社員の数、年収、他の金融機関からの借り入れ額、などなど。これらは、あなたの「属性」です。あなたを知る上で、貴重な信用情報なのです。


<属性であなたは格付けされている>

あなたが多額のお金を借りるとすれば、更に、収入証明などの書類が必要になります。これは貸したお金がちゃんと返せるだけの能力があるかどうか、ということなので、実際のあなたの価値には関係ありません。でも、企業側からの一方的な審査結果で、申し訳ありませんが、お金は貸せません、となると、少し傷つきますよね。過去のカード利用状況も審査対象になりますので、ああ、あのとき延滞しなければ・・・なんて後悔することも。
何にしても、自分の社会的「信用」度が勝手に他人に格付けされると思うと、ちょっと哀しいですね。