お金を借りることができない?若者に増える理由って?

急にお金がいるというときに、カードローンなどでお金を借りることを考えた人は多くいるかと思います。その中でも若い世代が審査に落ちてしまう人が増え始めているそうです。この理由に、携帯電話などの未払いが関係すると言われるそうです。


お金を借りるのは、ローンだけじゃない

お金を借りるというと、実際に現金を貸してもらうというイメージが強くありますが、クレジットカードなど分割払いができるものや、後から商品の料金を支払うものも、お金を借りることと同じ意味です。また、身近な部分では携帯電話の利用料金も、利用している機種のお金を分割して返済していることとなっているのです。実質0円などというのは、分割で支払うことで、毎月割引を適用させています。


割賦払いには信用情報がつきもの

お金を借りる審査では、信用情報という過去の返済、借り入れの履歴などを確認できる書類の開示に土井していることになります。これは本人の同意なく第三者が見ることはできませんが、このような記録で数か月以内や一年以内など、近いところで返済をしていないという情報があると、会社では返済の延滞や未払いする人、という判断をして、お金を貸してくれないということが多いのだそうです。