お金を借りるときは返済日に注目


即日融資など、お金を借りることのできるキャッシングサービスの利用者が増加傾向にあると言われるそうです。お金を借りるには審査などの厳しさや、審査にかかる時間、利息などを中心に会社を選ぶ人も多いのですが、返済日にもぜひ注目してほしいと思います。


お金を借りるなら返済日を選べる会社で

お金を借りた後には返済があります。キャッシングなどの場合、毎月同じ金額を返済するというリボルビング返済なので計画も立てやすく、負担が大きくならないということも、利用者増加の理由と言われているそうですが、返済日が給料日直前などになってしまうと、やはりギリギリの返済になってしまいやすいですよね。そのため、給料日と返済日をできるだけ近づけて置く必要があります。


余裕のあるうちに返済してやりくりを

返済は余裕のあるうちに終えてしまうこと、そのうえでやりくりをして余ったお金などがあれば、繰り上げ返済に回すことで、キャッシングのお金は返済が進みやすくなるそうです。フリーローンなどは返済日を選ぶことのできるプランも非常に多くあるそうですから、お金を借りる前に、返済日の確認も忘れずに行いましょう。返済日が遠くなる場合、一回目だけは返済日が変わることもあるので注意してくださいね。

お金を借りることができない?若者に増える理由って?


急にお金がいるというときに、カードローンなどでお金を借りることを考えた人は多くいるかと思います。その中でも若い世代が審査に落ちてしまう人が増え始めているそうです。この理由に、携帯電話などの未払いが関係すると言われるそうです。


お金を借りるのは、ローンだけじゃない

お金を借りるというと、実際に現金を貸してもらうというイメージが強くありますが、クレジットカードなど分割払いができるものや、後から商品の料金を支払うものも、お金を借りることと同じ意味です。また、身近な部分では携帯電話の利用料金も、利用している機種のお金を分割して返済していることとなっているのです。実質0円などというのは、分割で支払うことで、毎月割引を適用させています。


割賦払いには信用情報がつきもの

お金を借りる審査では、信用情報という過去の返済、借り入れの履歴などを確認できる書類の開示に土井していることになります。これは本人の同意なく第三者が見ることはできませんが、このような記録で数か月以内や一年以内など、近いところで返済をしていないという情報があると、会社では返済の延滞や未払いする人、という判断をして、お金を貸してくれないということが多いのだそうです。

お金を借りることのできる上限は?


お金を借りるときには、希望する金額などは頭にあるかと思います。あと3万円足りない、など金額やそのお金を借りることで、何に使うかを考えて借りるということがほとんどかと思うのですが、この上限というのは借りる会社でかわるそうです。


お金を借りる上限がある消費者金融

消費者金融では、借りるお金に上限があります。お金を借りるときに、ほかで借金をしているかなどを審査で質問されるのですが、これも、上限に引っかからないためです。消費者金融で借りているお金は、別の会社であっても年収の3分の1までという明確な基準があるのです。ただし住宅ローンなど銀行で借りているローンはこの計算の対象から外されていますから、安心ですね。


明確な上限がなくても、収入で判断する

銀行では、消費者金融のような明確な条件を出していないのですが、それでも収入が少ない人には貸してくれる金額は低くなります。制限がないからといって、無制限に貸してくれるわけではないのです。また、複数債務返済専用のローンだけは、消費者金融の規制対象から除外されていることもありますから、利用するローンの種類によっても、上限というのは変わるそうです。限度額をあげるには、再度審査が必要になります。

お金を借りる会社を選ぶコツを知ろう


お金を借りるなら、できるだけ返済の負担やストレスをなくしたいですよね。中でも、利息はできるだけ安いほうがお得ということは、実際にお金を借りた経験のない人でも知っていることだと思いますし、もしお金を借りるなら、利息で会社を選ぶという人も多いかと思います。


お金を借りる会社は利息がほとんど一緒

しかし、実際に比べてみると多くの消費者金融で、利息の数字は似たようなものであるとか、数字が同じということもあるかと思います。一目で比較できてしまうことですから、高く設定したらなかなか借りてもらえませんし、仕方ないことですが、ここで注目したいのは利息と一緒に利用手数料が無料で使えるATMがあるかどうかという点です。


利用手数料も消費税が上がってアップした

銀行などのキャッシュカードでも、利用手数料がかかるところが増えているという声があるそうです。同じように、カードローンなどの利用手数料もATMで消費税分だけ値上がりしているのです。カードローンでは、限度額までのお金は自分の口座と同じように使えるということもありますから、ATMの利用頻度は高くなるといえます。一度にたくさん支払うことはないですが、回数が重なると馬鹿にできませんね。

お金を借りるために審査が必要です


何千万などではなく、数十万円などのお金が必要になることが人生では多いそうです。このような小さな金額を、保証人などを立てずに貸してくれる会社のサービスをキャッシングなどと呼んでいて、このようなお金を借りる会社では審査でお金を貸すか判断しています。


お金を借りる人は収入がある人

会社によって少しだけ条件は変わりますが、原則としてお金を借りることができるのは、安定して収入があるという人だそうです。アルバイトなど、正規雇用でない場合でも、自分が安定してお金を稼いでいる場合には、審査を受けることができることが多いので、フリーターなどが増加している今は、特に審査条件の柔軟性が高くなるそうです。


審査では本人確認書類が必要

お金を借りる審査では本人確認書類などを提出します。また専業主婦が利用する場合は、消費者金融ではなく銀行が行っているキャッシングのほうが利便性が高いと言われていますから、配偶者に安定した収入があるという場合には、利用する会社選びも工夫することが大切です。専業主婦の利用も本人確認書類だけでいいという会社もあります。収入を第三者に証明できる書類の提出が必要なケースもあります。源泉徴収票などを利用します。

お金を借りるときの限度額ってなんのこと?


原則として審査に利用するのは本人確認書類のみ、無担保で保証人を自分で探す必要もなくお金を借りることのできるローンを、少額ローンなどと呼んで、住宅ローンなど非常に高い値段の金融商品と区別しているそうです。この少額ローンでは、消費者金融などが多くサービスを提供しています。


お金を借りるときに限度額が設定される

お金を借りるときに、ここまでの金額なら使えますよ、というのが限度額です。クレジットカードを所有している人はわかるかと思いますが、クレジットカードにも限度額というものがあり、この金額内ならは買い物が自由にできます。これと同じような仕組みとなっているのが、カードローンなどの限度額です。この金額内は、自由にお金を借りることができるし、返済も返済日に決まった金額だけを毎月返済するだけとなっています。


限度額が低いと不便なの?

限度額が低くても、使う金額に間に合っていれば何も問題はないのですが、このようなキャッシングでは限度額までであれば再審査の必要がなく、自由に、まだすべての金額の返済ができていなくてもお金を借りることができるというメリットがありますから、高いほうがもちろん利便性が高まります。限度額は再審査をすることであげてもらうことができると言われています。